子どものボキャブラリー向上に新聞 | 新聞科学研究所

子どものボキャブラリー向上に新聞

遊びながら語彙力向上

 語彙力を増やすには本や新聞を読むといい、とよく言われます。
 でも、どれくらい読み続ければ効果が出るの?と思ったことがある方もいるはず。

 新聞を3週間読んでみるとボキャブラリー数が増えるとの実験結果が出ました。
 協力してくれたのは鳥取市内の小学5年生のみなさん、22人。
 毎朝、新聞で遊びながら学べる「しんぶんちゲーム」に取り組んでもらいました。

 

 

 「新聞」から連想する言葉を実験前後で比較したところ、
 実験前は34単語だったのに対し、実験後には42単語に増加。

 新聞を通じて積極的に活字に触れると、語彙の幅を広げることが分かりました。

 肩に力をいれて「新聞、読まなきゃ」と意気込まなくても、
 記事の中から単語や数字を探すゲームを続けるだけで、
 子どものボキャブラリー向上に効果が!

 まずはご家庭にある新聞で遊びながら活字に慣れていくのも良いかもしれません。

【出典】

期間:2020(R2)年10月29日(木)~11月19日(木)

   事前事後調査は10月29日、11月19日、両日とも10:30~11:15

   (3時間目、総合的な学習の時間)

対象;鳥取市立T小学校5年生22名

新聞を読んでみる