自動車事故への危機意識 新聞で高まる | 新聞科学研究所

自動車事故への危機意識 新聞で高まる

「自動車事故に備えている」

購読家庭が約1.4倍


 当研究所の調査で、見逃せない調査結果がでた。購読者の64%が「自動車事故に備えている」と回答。非購読者は46.6%にとどまり、約1.4倍の差がついたのだ。近年、あおり運転や高齢者ドライバーによる事故が多発している。新聞を通して世の中の情報をいち早くつかむことが、家庭内の危機意識に影響するのだろうか。事故は起こってからでは遅い。まずは手軽にできる事故対策として、新聞を取り入れてみるのもいいかもしれない。

 

 

【出典】
新聞科学研究所。2019年12月、全国ネット調査。
新聞購読者/非購読者における調査(N=3090)
※本調査では定期購読だけでなくコンビニや売店など店頭での購入も購読と定義する。

新聞を読んでみる