新聞読者 部下の信頼増

「部下が相談してくれていると感じる」

10.1ポイント高く


 管理職には見逃せない研究結果が出た。「部下は何かあれば自分に相談してくれている」と答えた購読者は65.6%であるのに対し、非購読者は55.5%。購読者のほうが部下から頼られていることが明らかになったのだ。ビジネスの潮流や働き方に関する記事など、最新の情報を日々取り入れていることが、部下にとって「わかっている」上司として見られるのだろうか。今の時代、信頼関係を構築したいなら、飲みニケーションより、読みニケーションの方が重要なのかもしれない。

 

【出典】
新聞科学研究所。2019年12月、全国ネット調査。
新聞購読者/非購読者における調査(N=3090)
※本調査では定期購読だけでなくコンビニや売店など店頭での購入も購読と定義する。

新聞を読んでみる