月々の自由に使えるお金、新聞読めば5千円プラス?

新聞を購読している人が月々に自由に使える金額の全国平均は2.8万円。
非購読は2.3万円。

2472人を対象に新聞科学研究所が行った調査によると、新聞を読んでいる人の方が読んでいない人よりも、月に自由に使える金額が約5000円も多いことが分かった。給料が上がらない、節約が苦手と感じている方には朗報だ。

 

月々の自由に使える金額(全国平均)
 新聞を読んでいる人………2.8万円
 新聞を読んでいない人……2.3万円

さらに、月々のお小遣いが4万円以上の人の割合を比較すると、新聞を読んでいる人が22.4%だったのに対し、読んでいない人は15.5%で、約7ポイントも差が開いた。

月々のお小遣いが4万円以上の人の割合
 新聞を読んでいる人………22.4%
 新聞を読んでいない人……15.5%

お得な携帯プランや公共料金の支払い方など、実は新聞には賢い消費者に近づく情報がたくさん載っていることが関係しているのかもしれない。

新聞に折り込まれているチラシにもスーパーの特売情報から、大型モールのキャンペーン情報まで多様なセール情報が掲載されている。

1日10分も新聞に目を通せば、お得な情報が実は数多く掲載されていることに気付くのでは。ネットにない情報や見落としがちな情報を、効率的に入手できるのが新聞だと、とも言える。

1か月5000円でも、1年間で考えると約6万円。英会話や資格スクールに通ってスキルを磨けば、昇給やキャリアアップも期待できる。エステやネイルサロンなど自己投資に費やせるお金も増える。貯蓄に回すのもいいかもしれない。

節約が苦手、副業はムリ、でも自由に使える金額は増やしたいと思っている方は、試しに新聞を読んでみるのはいかがだろうか。



新聞を読んでみる もう読んでいる