平凡なアイデア 抜け出すヒケツ | 新聞科学研究所

平凡なアイデア 抜け出すヒケツ

新聞購読者の半数が「クリエイティブな発想」


仕事をする上でアイデアを求められることが多い人にとって興味深い結果が出た。「発想がクリエイティブだと言われる」と回答した新聞購読者が52.0%、それに対し非購読者は24.0%と28.0ポイントの差がついた。新聞は政治や経済だけでなく、スポーツや芸能、さらにヒット商品の裏話まで幅広い話題が掲載されており、眺めているだけでも何かしらのヒントになる。さらに紙面であれば、隣の記事に目を向けると自分の興味外の情報に出合える。ネット検索にはない魅力だ。そういったことがアイデアを膨らませ、クリエイティブな発想へとつながっていくのだろう。自分の発想の幅を広げたい、そう考えているビジネスパーソンには、まずは新聞を広げてみるのをおすすめしたい。

 

【出典】
新聞科学研究所。2021年12月、全国ネット調査。
新聞購読者/非購読者における調査(N=2678)
※本調査では定期購読だけでなくコンビニや売店など店頭での購入も購読と定義する。

2022年11月14日公開

新聞を読んでみる