単位取得 読む日課が近道に | 新聞科学研究所

単位取得 読む日課が近道に

「落としたことがない」新聞で 9 ポイント高く


 大学生にとって、単位は死活問題だ。単位を一つ取るにしても、出席、レポート、プレゼンなど、授業によってさまざまな評価基準が待ち構えている。そんな中、大学生に見逃せない調査結果が出た。「必修科目の単位を落としたことがない」と回答した割合は、購読者で 80.7%、非購読者で 71.7%。9 ポイントの差がついた。サークル活動やバイトなど、忙しいキャンパスライフ。そんな中で、毎日決まって新聞を読む習慣は、おのずと自分を律する力を養うのかもしれない。単位を落とすかもしれないと嘆く前に、新聞に目を落としてみてはいかがだろうか。

 

【出典】
新聞科学研究所。2020年12月、全国ネット調査。
新聞購読者/非購読者における調査(N=2884)
※本調査では定期購読だけでなくコンビニや売店など店頭での購入も購読と定義する。

2021年10月15日公開

新聞を読んでみる