コロナで広がる「インフォデミック」 乗り越えるためには? | 新聞科学研究所

コロナで広がる「インフォデミック」 乗り越えるためには?

新型コロナウイルスの予防に、温かいお茶が効果的…??
納豆を食べると新型コロナウイルス予防に効果がある…??

もちろん、これは間違った情報です。


新型コロナウイルスの感染拡大にともない、不正確な情報が世界中で拡散しました。
これを、インフォメーション(情報)とエピデミック(流行)を掛け合わせ、「インフォデミック」と呼びます。


偽の情報には、比較的わかりやすいものもあれば、注意しないと判別できないようなものまでさまざまです。
インフォデミックは、実用化されたばかりのワクチンについても例外ではありません。
偽の情報は、命を奪う危険性を持っています。


こんな中、世界保健機関(WHO)が、インフォデミックを乗り切るための方法を七つ紹介しています!

 


〇インフォデミックを乗り切る最高のヒント

1.情報源を確認する
  情報を共有しているのは誰か、その情報はどこから得られたのかを確認しましょう。友人や家族からの情報であっても、情報源を点検しましょう
  
  
2.見出しにつられないようにする
  見出しは意図的に感情をあおったり、挑発したりしているかもしれません
  
3.筆者を確認する
  筆者の名前を見つけ、実在する人か信用できる人かを確かめましょう
  
  
4.日付を確認する
  最新の情報か、今起きている出来事に関連しているか確かめましょう。見出しや写真、統計は文脈に沿って使われているか点検してください

5.証拠を確かめる
  信頼できる事実に基づく記事になっているでしょうか
  
  
6.自らの偏見に左右されていないか
  ご自身の偏見が信頼に値する情報かどうかを判断するのに影響していないか考えてみましょう

  
7.ファクトチェッカーを頼ってみる
  信頼できるファクトチェック機関に相談してみましょう。国際ファクトチェッキング・ネットワーク(IFN)や、誤情報を指摘する国際的な報道機関もあります

 

 


いかがでしょうか。

 


こうして実際にチェックをしていくと、世の中には多くの偽情報があることが分かります。
命に関わる情報だからこそ、信頼できる情報を取得していきたいですね。


出典 WHO
https://www.who.int/news-room/spotlight/let-s-flatten-the-infodemic-curve

実際に出回っている偽情報を、WHOが指摘しているページもあります。ぜひご覧ください。
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public/myth-busters

新聞を読んでみる