自分時間 新聞で18分長く | 新聞科学研究所

自分時間 新聞で18分長く

日々の情報収集が

仕事の効率に影響か


 ワークライフバランスが叫ばれて久しい昨今だが、プライベートの時間に対する興味深い調査結果が出た。「自分のために自由に使える時間」が、非購読者が2.3時間/日であるのに対し、購読者では2.6時間/日と、両者に差がる結果となったのだ。新聞を読むことで、働き方に対する意識を高めたり、効率化のヒントを得ているのだろうか。新聞といえば「仕事に使える」というイメージが強いが、近頃はどうやら「プライベートの充実」にも一役買っているようだ。

 

 

【出典】
新聞科学研究所。2019年12月、全国ネット調査。
新聞購読者/非購読者における調査(N=3090)
※本調査では定期購読だけでなくコンビニや売店など店頭での購入も購読と定義する。

新聞を読んでみる